商品先物取引について、誰に相談するのがベストなのか?

商品先物取引で悩んでいる方の相談窓口

15年で1500人以上の相談実績がある専門アドバイザーが、あなたの悩みをスピード解決します!

 

商品先物取引のこんなお悩み

  • 先物先物取引で損失を抱えていてとても不安。
  • 商品先物取引の損失・被害を挽回したい。
  • 営業マン(外務員)の言う通りに売買しても儲からない。
  • 利益より損失が大きく、結局負けている。
  • 先物取引で勝てる売買手法、テクニカル分析の方法を学びたい。

でも、誰に相談したらいいの?

コンサルティング専門サービスにご相談ください。

ご相談はこちら

 

商品先物取引相談サービスの比較

実際に相談可能と思われるサービスをリストアップしてみました。

それぞれのサービスの特徴を詳しく説明しますので、どのサービスがあなたにとって本当に必要なサービスなのか確認してみてください。

ブログ等の情報発信者

ブログ等の情報発信者
相談相手 情報提供者
相談方法 不明
サービス 個人の主観
収入源 不明
実績 なし
リスク管理 なし
WIN/WINの関係 極めて難しい
アドバイス内容 一方的な内容
費用対効果 無料だが効果は期待できない

一般投資家や外務員など、多くの人がブログ等で情報を発信しています。

ブログ情報に、どれほどの信憑性があるのかは別にして、その情報を上手く使いこなせる人は皆無でしょう。

ブログ発信が、営業目的で商品取引会社に勧誘する目的が多いです。

シグナル配信会社

相談相手 運営者
相談方法 メール
サービス 情報の一方配信
収入源 情報料
実績 信憑性に欠ける
リスク管理 リスク・資金配分無視
WIN/WINの関係 極めて難しい
アドバイス内容 一方的な内容
費用対効果 不明

シグナル配信会社は、情報を一方的に配信し、その対価として報酬を得ています。そこに、顧客の損得は関係ありません。顧客が売買で損失を出している状態でも、情報料を支払い続ける仕組みです。

サイト運営者に個別相談が可能かどうかは、配信会社それぞれで取組み方が異なるようですが、面談や電話による相談は行っていないようです。

誰の情報なのか?どのような人が運営しているのか?

顔も確認できず、不安や疑問に対応してもらえない等のご不満があるようでしたら、相談相手として選ぶべきではないでしょう。

不満を抱えたまま売買を繰り返す必要など、どこにもありません。

商品取引会社(外務員)

相談相手 外務員
相談方法 メール/電話/面談
サービス 手数料主義
収入源 売買手数料
実績 不明
リスク管理 リスク軽視・過剰な売買
WIN/WINの関係 極めて難しい
アドバイス内容 会社の方針が影響
費用対効果 悪い(対面取引)

大きな損失を出している人の多くは、商品取引会社の担当外務員(営業マン)が相談相手です。

あなたが担当外務員の指示で売買を繰り返し、その結果、大きな損失を被っているのであれば、その外務員は間違いなく適切な相談相手ではありません。

外務員は、会社から報酬をもらう立場です。あなたの立場よりも会社の利益を優先する立場です。あなたの大切な資産は、営業マンは守ってはくれません。

また外務員は、そのスキルに大きな差があるものです。

基本的に商品取引会社は、顧客が損をしても高額な手数料で儲かる仕組みです。

アドバイスは無料ですが、高額な売買手数料が徴収されています。

自分たちの手数料収入を目的とした売買を勧める訳ですから、適切な相談相手とは言えないでしょう。

コンサルティング専門サービス

相談相手 コンサルタント
相談方法 メール/電話/面談
サービス 顧客第一主義
収入源 成功報酬制
実績 実績証明あり
リスク管理 顧客それぞれに適したリスク管理
WIN/WINの関係 構築可能
アドバイス内容 顧客それぞれに適したオーダーメイド
費用対効果 良い

コンサルタント専門サービスでは、通常お客様の資金を預かることはありません。ですから売買手数料は不要です。アドバイスの対価として報酬を受け取ります。

相談方法はメールだけでなく、電話や面談での相談が可能かどうか、問合せてみる価値はあります。

また報酬の受け取り方には、安価・リーズナブルな月謝(費用)は必要ですが、主な収入を成功報酬制としているところもあります。

そのような会社であれば、お客様に利益を与えない限り、報酬を受け取れません。

これは、商品取引員(外務員)や一方的な情報配信会社では提供できないサービスです。

ですから、このようなコンサルティング会社は、本当の意味でのWIN/WINの関係が成り立つ仕組みがあります。相談相手として考えれば、最も適していると言えるでしょう。

商品先物取引のご相談はコンサルティング専門サービスのリーダーズ投資塾へ

ご相談はこちら

 

アドバイスを無駄にしないための注意点

当サイト「リーダーズ投資塾」の相談窓口を利用した人の中には、当塾のアドバイスを受け入れず、その後損失が拡大し、残念ながら全ての資金を失ってしまう人がいます。

幾つかのケースをご紹介します。

対面取引の場合1

損が出始めていている、又は少し儲かっている状態ではあるが、何か不安なので軽い気持ちで相談したケース

このパターンは、相談者の危機感が低いのが特徴です。

この段階では、商品取引会社を信用しており、他者のアドバイスを真剣に受け入れられません。

相談者の建玉や売買を精査した上で、今の取引環境では大損する可能性が高い場合は、「今のうちに取引を止めるか、外務員の言いなりの取引を止める」ようにアドバイスします。

ただ、当塾のアドバイスを素直に受け入れられず、実際に多額の損失を出した後でなければ気が付かないケースがほとんどです。

できるだけ傷口が大きくなる前に、信頼できる相談相手にアドバイスを求める事をお勧めします。
 

対面取引の場合2

損失額が大きく、どうにもならない状況で相談するケース

  • 「2,000万円の運用資金が、あと20万円しか残っていません・・・」
  • 「どうすればよろしいでしょうか?・・・」

残念ですが、全てを失ってしまった後では、私たちもどうすることも出来ません。そのような危機的状況になる前に、相談されることをお勧め致します。
 

シグナル配信サービスを受けている場合

情報提供者により、そのサービス内容が変わりますが、特に多い相談としては、次の二つです。

  • ●指示される売買の回数が多く、全てに対応できない。
  • ●指示通りに売買しても、損切りが多く、損失が大きく、儲からない。

当塾がこのようなご相談を受けた場合は、まず次のようなご説明をします。

  • ●売買回数の頻繁な情報提供は、全ての指示に従うことは個人投資家には時間的に厳しい。細かな利益を積み重ねる手法ではなく、厳選した数少ない売買で大きな利益を狙う情報提供を受ける方が良い。
  • ●指示通りの売買で損失が大きくなったのであれば、その情報を遮断すること。

商品先物取引のご相談はコンサルティング専門サービスのリーダーズ投資塾へ

ご相談はこちら

 

商品先物取引の一般投資家・トレーダーは常に不安である

商品先物取引の投資家・トレーダーは、損失や不安を抱えながら、「誰か助けて欲しい、相談したい、問題を解決したい、取引スキルを向上させたい」と思っています。

しかし、個人投資家と同じ目線で、投資家の利益のために親身に相談にのってくれるサービスは、いったいどこにあるのでしょう。

誰に相談すればよいのか?どのように相談すればよいのか?

投資家に一番必要なサービスとは?

相場が思惑とは逆に進み、マイナスが膨らんだ場合など、精神的不安に負けそうなときに、その不安を解消するために親身に相談に乗ってくれるサービスがあれば、それが一番安心できます。

精神的不安に負けてしまうと、せっかくよい仕掛けをしても、仕切りが早すぎれば、大きな利益を取り損ねます。

また、必要ない損切りをしてしまえば、損失を拡大させてしまうことになります。

不安なときには、いつでも相談できる環境が必要です。

できればメールではなく、電話などで相談ができれば良いでしょう。

商品先物取引のご相談はコンサルティング専門サービスのリーダーズ投資塾へ

ご相談はこちら

 

WIN/WINの関係でなくてはならない

顧客が損をしても儲かるサービスでは、真の信頼関係は構築できません。

商品先物取引で勝つためには、長期的な視野での売買戦略が必要です。どちらか一方だけが儲かる仕組みでは、長続きしません。

  • ●高額な手数料で顧客が損をする一方で、商品取引会社が儲かる仕組み
  • ●売買で損を出しているにもかかわらず、情報料、相談料を支払い続ける仕組みでは、良好な関係が長続きするとは思えません。

顧客が利益を出すことで、対価として報酬を得られる仕組みを採用しているサービスであれば、WIN/WINの関係と言えますので、信頼に値する相談相手と言えるでしょう。

商品先物取引のご相談はコンサルティング専門サービスのリーダーズ投資塾へ

ご相談はこちら

 

勝ち組になっている人たちの共通点

それは、良き相談相手の存在です。

商品先物取引で「勝つか、負けるか」の勝負の分岐点には、必ず不安、恐怖など、精神的なプレッシャーに襲われることがあります。

商品先物取引で勝てない理由は幾つもありますが、相場の不安や恐怖に負けてしまうことも、損失を出してしまう大きな理由です。

一流スポーツ選手、経営者などにも、必ずと言ってよいほど、不安や疑問を解消するために、相談する人材(コーチ、アドバイザー)がいます。

あなたが今、利益を継続的に得ることが出来ないのであれば、信頼できる相談相手・アドバイザーとしてはその情報提供者は失格です。

今すぐやるべきことは、『信頼できる相談相手・アドバイザー』を見つけることです。

あなたの立場でアドバイスしてくれる、信頼できる人物や会社を探すことです。

それが、最も早く、最も簡単に、最も確実に損失を予防・挽回し、『勝ち組』になる秘訣です。
 

ご相談はこちら

(必須)
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)
(任意)
(必須)
(必須)

 

まとめ

 
商品先物取引の投資家・トレーダーが望むサービス環境を備え、WIN/WINの関係を構築することが可能なサービスこそ、相談相手に選ぶにはベストでしょう。

上の比較表を見て分かるように、コンサルティング専門サービスが、相談相手としては最適と言えます。

商品先物取引の個人投資家・トレーダーにとっては、自分の判断や担当営業マンのアドバイスや戦略が正しいのか、別の専門家のセカンドオピニオンを聞くことは、もはや勝つための必須条件です。

優秀な相談者にアドバイスを受けることで、以下のようなメリットも得る事ができます。

  • ●現在のサービスでは知り得ない、貴重な知識や意見を得られます。
  • ●無駄なコストを削減できます。
  • ●常に投資家の立場で損害予防のアドバイスを受けられます。
  • ●実績が十分に確認できるので、安心して売買に取り組めます。
  • ●WIN/WINの関係構築が可能なので、お互いの利害が一致します。

いかがでしょうか。

商品先物取引の相談相手、アドバイザーは、誰を選べばよいのか、ご理解いただけましたでしょうか。

正しい相談相手から適切なアドバイスを受けることで、今やっている取引と比べ、無駄な時間、無駄な損失、無駄な情報を大きく削減でき、勝てる可能性も広がります。

商品先物取引での悩み相談は、WIN/WINの関係で顧客ニーズに応えられる専門家にしましょう。