商品先物取引に参加している方の職業、投資運用額、利益目標、売買に対する考え方などは、それぞれ異なります。

相場の状況や自分が商品先物取引に割くことのできる時間などを考慮して、適切なトレードスタイルを確立する必要があります。つまり、参加者一人一人のニーズに合った「売買手法」が必要になる、ということです。

結果を実証するためには、自分に適した売買手法を構築した後、ある一定期間、規則的に売買し続けることが必要となります。気分や感情で不規則に売買したり、売買手法をコロコロ変更しては安定して勝つことはできません。

マーケットの環境や銘柄の値動きに合った売買手法があります。そして、安定して勝つためには、売買手法の微調整、アップデードなどが必要になることもあります。

ただ・・・
これらは、個人投資家にとっては極めて難しい継続作業だと考えられます。

なので、既に結果が実証されている反復性の高い売買手法やそれらの売買ノウハウを備えたアドバイザーやコンサルタントに相談することが、商品先物取引の効率的な勝ち方であり、勝ち組になるための近道となります。

コメントを残す