先物取引で負ける人の最大の特徴として、感情に流された売買をしてしまう、という事が挙げられます。

人間は感情の動物です。感情をコントロールする事は、最も難しいことの一つかもしれません。

世界トップクラスのプロゴルファーでさえも、練習では簡単にきめられる2メートルでも、優勝が掛かった場面では手が震えます。

「オリンピックで金メダル間違いなし」、と思われている選手が、簡単に敗れることは良くある話です。

トップアスリートでさえ、感情に揺さぶられたり、支配されたり、感情に負けることがあるのです。

当たり前ですが、商品先物取引は損得が発生します。すると、人間の感情は動きます。

感情に左右された売買を繰り返すと、大きな損失につながってしまいます。

「恐れ」「焦り」「迷い」「怒り」などの感情が悪影響を与えてしまうのです。

ではいったい、どのように感情をコントロールすれば良いのでしょう・・・

私たちは、極限まで鍛えられた人間ではありません。感情をコントロールし、信頼できる売買手法で取引を継続する、という事は、口で言うほど簡単ではありません。

ですから、多くの知識と経験を持ち合わせた、スキルの高い専門家からのアドバイスが、より重要になってくるのです。

コメントを残す